特定健診・特定保健指導                       
   平成20年度より、「特定健診」とそれに伴う「特定保健指導」が保険者(健康保険証発行元)の義務化となります。 これは、糖尿病・メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病有病者・予備軍を減少させることを目的としています。
 現在、当院では、健診結果に基づいた成果が出せるような、「特定健診」「保健指導」を実施できるように準備を進めています。
特定健診・特定保健指導とは
   平成18年に成立した医療制度改革関連法のなかで、平成20年4月からメタボリックシンドロームに着目した生活習慣病の予防事業が義務付けられました。
 具体的には40歳〜74歳の被保険者・被扶養者を対象に特定健診を行い、生活習慣病の当該者・予備軍を抽出し、特定保健指導を行うことで「発症・重症化を減らす」ものです。
メタボリックシンドロームとは
 肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。
 このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といい、治療の対象として考えられるようになってきました。
 
 
健診コース・実施日時・料金のご案内
特定健診 Aコース
<必須項目>
    1.質問票 服薬歴・喫煙歴 等
2.身体測定 身長・体重・BMI・腹囲(希望:視力・聴力)
3.血圧測定
4.血液検査 脂質検査・血糖検査・肝機能検査
5.検尿 糖・蛋白
<料金>
  ¥6,825(税込)
特定健診 Bコース(※医師の判断による項目を含む)
  特定健診Aコース+医師の判断による項目
<料金>
  ¥9,607(税込)
実施日時(特定健診 A・Bコース)
平日(月〜金) 9:00〜17:00
 
特定保健指導の内容・実施日時・料金のご案内
動機付支援
<支援期間>
  6ヶ月
<支援方法>
    個人/集団面接で目標設定とアドバイスを提示します。
 最終アンケート(面接または手紙など)で達成度確認と今後のアドバイスをします。
<料金>
  ¥7,350(税込)
積極的支援
<支援期間>
  6ヶ月
<支援方法>
    個別/集団面接で目標設定とその対策に向けたアドバイスを提示します。
 ※腹部CTで保健指導前の内臓脂肪比率の提示します。(オプション)
面接または手紙などで、中間での振り返りと目標再確認と今後のアドバイスをします。
 (実行のサポート体制確認)
面接または手紙で生活習慣病の達成確認と今後のアドバイスをします。
 ※腹部CTや検査値にて成果の確認をします。(オプション)
<料金>
  ¥23,100〜(税込)
 
運営についての重要事項に関する規程の概要
    検診機関情報詳細
    保健指導機関情報詳細
  

お問い合わせ

  屋久島徳洲会病院 健康管理課 担当:頼富
所在地:鹿児島県熊毛郡屋久島町2467
TEL:0997-42-2200(病院代表) Fax:0997-42-2202
 

Copywright (c) All Rights Reserved. 2009 Yakushima Tokushukai Hospital